環境にやさしいペットボトル再生衣類

ペットボトル再生衣類について

近代に突入してから私たちの社会は大量生産大量消費によって成り立ってきました。 しかし近年では近代での生産活動や消費行動が環境に対して取り返しのつかない打撃を与えてきたとして、見直す動きが出てきています。 その動きは、ファッション業界にも波及し、近年では環境に配慮した製品に注目が集まっています。

持続可能な社会を実現するために

大量生産大量消費という従来のやり方に限界がきていることについては言及しました。 代わりに目標として掲げられたのは持続可能な社会であり、近年ではファッション業界でもその潮流は無視できないものとなっています。 ペットボトル再生衣類もその一環であり、どういった取り組みがあるか知っておくと良いでしょう。

環境に配慮した製品を購入する

近年、ペットボトル再生衣類や環境に配慮した製品を扱う企業は増加傾向にあります。 より多くのショップや企業でリサイクル製品を購入することで、こういった環境への負荷を減らす動きはより活発になるでしょう。 そのためにも、適切な活動をしている優良な業者や企業を見つけ、できる形で支援していくことが大事です。

衣類の大量生産大量消費が与える影響について

ペットボトル再利用衣類は、石油から直接精製した化学繊維を使うのではなく、回収されたペットボトルを還元してリサイクルされた化繊を使って製造された衣類のことを指します。
現在ファッション業界では、製造にかかるエネルギー消費やライフサイクルの短さなどから、環境負荷や資源の浪費が問題視されており、早急な改善が国際的な課題として取り沙汰されています。
そういった事情もあって、衣服の製造・販売から購入・消費、そして廃棄に至るまでの一連のサイクルの中で環境負荷を減らすためのサステナブル(持続可能)なファッションへの取り組みがファッション業界でも広がっているのです。
現状日本では残念ながらサステナブルファッションへの意識はまだまだ定着しているとは言えませんが、環境省でも持続可能な社会の形成のためにサステナブルファッションへの取り組みを推奨しており、徐々に認知されるようになってきました。
特にペットボトル再利用衣類は、都市部で多く出るペットボトルごみを廃棄せず再利用できることから、近年急速に注目を集めており、幾つかのアパレルメーカーでも積極的に取り入れられてきています。
ファッションと環境の現状を少しでも改善するために、消費者と企業が同じように取り組める施策も数多く、すでに幾つかの活動や実践は効果を上げています。
例えば、私たち消費者が環境に配慮した製品を購入することで、企業側の意識や活動にも少なからず影響を及ぼし、持続可能な社会の実現に近づくことができるでしょう。