環境にやさしいペットボトル再生衣類

持続可能な社会を実現するために

持続可能な社会への取り組み

ペットボトル再生衣類を作るメリットとして、環境への負荷を減らせるということが挙げられます。
衣服を作る際に生じる廃棄物やエネルギーを減らせるという点だけでなく、本来捨てられるはずのペットボトルを再利用することによってプラスチックごみも減らすことができるという点で、環境的には一石二鳥の方法です。
例えば、Tシャツ1枚(200g)を100%ペットボトル再生ポリエステルの素材で作れば、だいたい500mlのペットボトル4〜5本分相当のごみを再利用することができます。
もちろん完全にリサイクルできるわけではありませんし、再利用のためのエネルギーも必要となりますが、一から衣服を生産するエネルギーやペットボトルを廃棄するコストを考慮すると環境への負荷は劇的に減らせると言えるでしょう。

ペットボトル再生衣類を購入する前に

ペットボトル再生衣類を購入する前に、注意しておくべきことがあります。
リサイクル製品全般に言えることなのですが、近年多くの取り組みが行われており、消費者の意識や政府の活動に前向きな変化が表れ始めてきた一方で、そこに漬け込む手口の悪質な業者が出てきているのです。
例えば、ほんの少ししかリサイクル原料を使っていないにもかかわらず、それを隠して消費者に売りつけたり補助金目当てに詐称したりする事例も残念ながら増加しています。
そういった悪質な業者を避ける目安となるのがエコマークです。
エコマークは環境省が定めた基準である「総重量の50%以上にPETボトル再生繊維が使用されている衣類にのみ掲示が許されているマークで、真っ当なリサイクル製品の指標となっています。